make-hit(メイクヒット)は、さまざまなクリエーターが、自身の表現をカタチにできる場所です。

Tシャツやスマホケース、タオル、マグカップなどのアイテムを、在庫なし、登録なしで、
デジタルプリント・特殊印刷技術を駆使し、製造から販売、ユーザーのもとへお届けまでできます。

今後、さらに参加クリエーターやアイテムを増やし、make-hitワールドは広がります。
長坂真護
1984年生まれ。2009年、自ら経営する会社 が倒産し、路上の画家になったアーティスト MAGOは、2017年6月、「世界最大級の 電子機器の墓場」と言われるガーナのスラム街" アグボグブロシー”を訪れ、1日わずか500円の日当で先進国が捨てた電子機器を必死に 燃やしながら生きる彼らと出会った。“大量のガスを吸い、ガンになり30代で 逝くと言われる彼らを犠牲にして、我々が富を形成する事がそんなに大事か? 美術の力をもってこの真実を先進国に伝えたい"MAGOはそう決意。 アートの売り上げから生まれた資金で、これまでに850個のガスマスクを ガーナに届け、2018年には、スラム街初の学校『MAGO ART AND STUDY』を設立。そしてMAGOは、アグボグブロシー5回目の訪問で53日間 もの期間ガーナのスラム街アグボグブロシーに滞在し、2019年8月、MAGO が彼らの新しい希望と生活のために、スラム街初の文化施設『MAGO E-Waste Museum』を設立した。この軌跡をエミー賞授賞監督カーン・コンウィザーが追い、ドキュメンタリー映画 “Still A Black Star”を制作し、アメリカのドキュメンタリー映画アワードImpact Docs Awardで優秀賞4部門受賞。現在、公開へ向けて準備中。
福田 秀世
福岡県生まれ。日本大学芸術学部・写真学科 卒業。1990年「有限会社サウザ」設立。 同年、イワモトケンチ監督作品映画「菊池」で撮 影を行い、1991年度ベルリン映画祭フォーラム 部門「ウォルフガンク・シュタウテ賞」を受賞。 2009年ハウススタジオ「Studio BRICK」を オープン。2014年写真展「NOTHING BUT THE GIRLS」、2017年 写真展「VIVIE LASCIA VIVERE」を開催。広告、雑誌、CDジャケットなど 幅広い分野でポートレート、ネイチャーを中心に活動。現在、『Studio goodlife』を立ち上げる。社会問題にも関心が深い。
塩澤 文男
1986年 岡本太郎氏にインタビューを行い画業の道に進む。 2005年 ジョンレノン、ローリングストーンズの写真集の デザインを任される。 2006年 現代芸術の巨匠パウル・クレーのプロダクトを任 され、デザインだけではなく詩や言葉の表現も任される。 2016年京都にアトリエを構える。 2017年 京都町屋ギャラリーを共同経営でオープン。 2018年 日像ご降誕750年記念にて『釈迦と四天王図』を 制作。 2019年 京都佛立ミュージアム「宮沢賢治と日蓮展」ポス ター画の制作。京都妙顕寺尾形光琳曲水の庭の書院の襖絵。 本能寺ホテルエントランスに「信長青不動図」奉納など 2020年大田区池上本行寺にて日蓮聖人ご生誕800年記念 に向け、「白蓮華図」を 屏風絵で制作。
Na'coloR
長野県の地域応援ブランドです 長野県のあふれる自然と浪漫を感じる歴史を、様々な色を用いて表現することを目指しています。 「なから」は長野(信州)弁で「だいたい」や「おおよそ」の意味です! 話はなから終わったので、長野県を発見しよう!
GCC 3D
モックアップサンプルやフィギュア、部品の製造、医療、航空・宇宙分野等に各種方式の3Dプリンタが幅広く使用されており、今後も市場の拡大が見込まれております。このうち、フルカラー造形が可能な3Dプリンタは主に粉末石膏造形方式がありますが、500万~600万色の色表現にとどまっているのが現状です。当社開発の3Dプリンタは、当社インクジェットプリンタ技術を活かしたフルカラーUV硬化インクジェット方式です。4色のUV硬化インクを搭載し、世界で初めて約1,000万色のフルカラー造形を可能にしました。独自開発の技術により4色のカラーインクで造形することで、これまでにない色鮮やかで美しいフルカラー造形を実現します。
FUKUDA HIDEYO 商品
SHIOZAWA FUMIO 商品
Na'coloR 商品